新潟市西区にある老舗シェアハウスのご紹介です。

新しいシェアメイトさんを迎え新年度が始まりました。2018年春。

お立ち寄りの皆様 こんにちは。

小春日和の中、いかがおすごしですか。

 

先日、新しいシェアメイトさんが無事に入居されました。

おかげさまで満室となりました。

7月の初旬頃に入居可能なお部屋が出る予定となっておりますので

もしよろしければ

お気軽にお問い合わせください。

 

ゆるや家 一階の部屋

 

新たに入居された一階のお部屋です。

 

 

シェアハウスゆるや家 玄関から見たリビング

 

 

玄関からみたガラス張り越しの共有リビングの様子です。

これからの季節は吹き抜けの天窓から春の光が降り注いできて

とても気持ちが良い空間となります。

 

また空き部屋の案内をしましたところ複数の方々から

お問い合わせ&見学をいただきました。

この場をお借りして感謝申し上げます。

とっても嬉しく感じております。

 

今回新たに入居された方も笑顔が素敵な男性でクリエイティブで

個性的な方です。

 

個性的と言えばですね、お問い合わせ&見学に来られた方々と

お話をいたしますと皆さん個性的なんですよね。

ふと想いますと今も過去も未来もおんなじ人っていないんですよね。

なんだかすごいですよねそれって。。

 

また岡本太郎さんいわく

 

「人間はその数だけ、それぞれ、その姿のまま

誇らしくなければならない。」

 

と書籍 強く生きる言葉 のなかで記されていますし

 

もう人間って生きているだけでその存在そのものが個性的なんでしょうねと

ふと思う次第であります。

 

(いつも自分てダメ人間なんだよなあとこれまたいつも落ち込みっぱなしの人生を

太郎さんの書籍などを読みながらなんとか生きながらえているんですわ。

 

おいらはおいらのままで良いのさ良いのさ あるがままあるがままと

なんども自分に言い聞かせつつほっと安どした矢先

その数分後にまた落ち込んじゃったりとかね。)

 

おっと例のごとくなんの話をしているのかわからなくなりつつ

また長くなりそうですので後半に書きたかったことは

次の機会にするとしまして

 

新しいシェアメイトさんを迎えてながいトンネルのような冬を抜けて

新しい春の中でまどろみながら。。

 

今年度もシェアメイトさんたちの幸多きことを願いつつ

シェアメイトさんたちやシェアハウスその家と共に

ゆるやかに船出したいなあと。。

 

 

くさいことをぬかしているのですが

ああ 庭では 元気な雑草もとい草たちが 私を手招きしているではないか

ああ はじまっちまいましたよー。。

 

それではみなさん 長いトンネルのような冬を抜けた春の中

良い時間をすごしましょう!

ありがとうございました。

 

 

ただただ青い空2018