新潟市西区にある老舗シェアハウスのご紹介です。

こんにちわは少しだけ大きな声で。新しい方々をお迎えしました2017年の夏の日々。

おたちよりのみなさん こんにちは。

季節が秋にそでを通したような そんな秋空の下

いかがお過ごしでしょうか。。

 

写真のカモメくんは今年の日本海夕日コンサート会場の空を

楽しそうにノリノリで飛んでいたので思わずハイチーズったものです。

そこのおやじ(私です)撮っても良いですよ

と言っていたようでしたもので。。

 

しかしコンサート良すぎて泣いてしまいましたよほんと。。

あんなにピースフルな時間ってそうはないかなあと。。

お勧めです。

 

新しいシェアメイトさんたちを少し前から受け入れています。

お蔭さんですほんと。

 

通常は4人で満室の小さなシェアハウスなんですが短い間

5人でのシェアライフを送ってもらっています。

 

外国籍のシェアメイトさんとは入居間もないころ

ハウス&当アトリエにて結構お話をする機会がありまして

その方の人生観や前向きな考え方に触れ

こちらまで触発されてしまいました。

日本語がとてもお上手で、これからは多言語も勉強するとのことです。。

 

短期で滞在されているメイトさんも学んでいるテーマがまさにこれからの

共同体の在り様を学び中のようでして、なにやら冬の間

暖房器具をつけなかったとのことで

ノーヒーター&ノークーラーライフをのらりくらり実践中の私としては

ひとりで大いに盛り上がってしまいました。。

 

一番新しく入居された方はシンプルライフを実践していて

一時、冷蔵庫や洗濯機なしで生活をされていたようで

引っ越しの際にもかけ布団を捨ててきたらしく

寝袋で寝ているとの事でして。。。 車中泊とかも平気でやるそうで。。

たまたま時間があってシェアハウス内や私の自宅なんかでもお話しすると

時間があっという間に過ぎてしまいます。 いかんいかん気をつけねば。。

 

いまちょっとシェアメイトさん達のことを想うにつけ

ひとりびとりみんな透明なリュックサックを背負っていて

それぞれが人生のテーマ的な中身は違えど

みんなで手を貸しつつ貸されつつちゃんと

いっぽいっぽ確かに歩んでいるんだよなあなんてことを。。

 

それと

やはりシェアハウスってありそうであんまりない空間のようにも感じます。

他人どうしが共に暮らしてゆくわけです。

住むことは手段であって目的ではないにせよ

なんかにおうんですよね。。

希望の大きな扉がゆっくりと開いてゆくような感じと言うのか。

 

シェアハウスだけが特別というのではないんです。

結局のところ

私たちが日々、暮らしているこの青い地球って一つの家で言うなれば

 

一軒のシェアハウス

 

なんじゃないのかなと。。

 

地球と書いてシェアハウスと読むというのか。。

命あるもの みなシェアメイト

なんじゃないのかなあとか。

 

そのことを思い出すための道すがらのひとつとして

シェアハウスってあるのかなあと。。

 

またひとり 妄想しつつ 秋の下

 

ああ

またまた大きい事ぬかしていますが

ひとりの運営者としてシェアメイトさんたちと語り合いたい気持ちを

こらえつつ出来るだけ静かに見守れたらなと。。

 

本日は当シェアハウスの小さな庭で暮らしている

ミニトマトさんと食事中のこがねむしさんの様子を添えておきます。

 

今年は季節も不順でわたしもあんまりやる気が出ずに結構ほっといたんです。。

まあこういう年もありますわ。。

 

おっとカモメさんも添えますね。

 

季節も衣替え中ですのでどうぞみなさん

季節と共に秋人に衣替えいたしましょうー

それではごきげんよう

ありがとうございました。。

 

 

2017ハウスミニトマトとこがねむし

 

 

 

 

2017年日本海夕日コンサートとカモメ